CDP、企業の環境スコアを発表 18,000社以上の企業のうち、全カテゴリーでトップスコアを獲得したのは12社のみ

CDP、企業の環境スコアを発表 18,000社以上の企業のうち、全カテゴリーでトップスコアを獲得したのは12社のみ

12月13日、気候変動調査プロバイダーであり環境情報開示プラットフォームであるCDPは、2022年の企業スコアを発表した。CDPを通じて開示する企業リストは、今年18,700社以上と大幅に増加したが、すべての環境カテゴリーでトップパフォーマーに分類された企業は、昨年の14社を下回る12社にとどまった。

CDPは、気候変動、森林、水の安全保障という主要な環境カテゴリーについて企業を採点し、それぞれD-からAまでのランクを提供している。「D」は開示レベル、「C」は影響に対する認識、「B」は環境影響を管理するための行動をとっている企業、「A」はリーダーシップレベルを達成している企業を示している。

2022年に3つのカテゴリーでAレベルのスコアを獲得し、「トリプルA」を達成した企業は、バイヤスドルフ AG、ダノン 、フィルメニッヒ SA、HP、KAO Corporation、クラビン S/A、レンチング AG、ロレアル、LVMH、メッツァボード、フィリップモリスインターナショナル、UPM-キュンメンだった。

トリプルAスコアを獲得した企業は前年より減少したが、少なくとも1つのカテゴリーでAスコアを獲得した企業は、2021年の272社から今年は333社に増えた。

トップスコアが最も伸びたのは気候変動カテゴリーで、283社が「A」スコアを達成し、2021年比で34%増加した一方、森林カテゴリーでは25社が「A」スコアを達成し、前年比1社の増加にとどまった。「水の安全保障」でトップスコアを達成した企業は、2021年の118社から103社に減少した。

CDPによると、同団体は2022年に、1.5℃に対応した気候移行計画、森林破壊商品量の検証、水データの検証など、より厳しい基準で、各カテゴリーにおけるリーダー資格のハードルを引き上げたという。先月、CDPは、ISSBが現在開発中の環境開示プラットフォームに、2024年の開示サイクルからIFRSの新しい気候関連開示基準を取り入れると発表した。

【関連記事】CDP、ISSBの気候変動開示基準を統合へ

【参照ページ】
Far too many’ companies fail to disclose environmental data, CDP shows

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る