著作権について

記事、写真、表、イラスト、グラフ、動画、音声など、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社の発行物および各サイトで提供されるあらゆる形のコンテンツの著作権は、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社または、寄稿者、カメラマンなど正当な権利を持つ第三者に帰属しています。

 著作権法第30条私的使用の範囲での複製など、著作権法で、許諾無く利用できることが認められている場合を除き、コンテンツの一部または全部を無断で複製、公衆送信、翻案するといった利用はできません。たとえば、著作権者の許諾を得ずにWebサイトやSNS、ブログ等にコンテンツを転載したり、メールマガジンで配信したりすることは、違法行為となります。営業資料に掲載し、配布することも同様です。コンテンツを利用する場合は、事前にお問い合わせください。

 なお、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社は、JRRC(公益社団法人日本複製権センター)やJCOPY(出版者著作権管理機構)に発行物のコピーなど利用許諾の権利を委託していません。このため、JRRC、JCOPYとご利用契約をされている方であっても、当社コンテンツをコピーなど二次利用するには、当社の許諾が必要になります。

 「引用」についてもご注意ください。著作権法第32条で「公表された著作物は、引用して利用することができる」との規定があり、同法では、権利者の事前の許諾なく引用することを規定していますが、同法32条ではさらに「この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」と定めています。単にかぎかっこを付け出所を表示しただけでは、判例等で示されている要件を充足せず、著作権法第32条で定めている「引用」には該当致しませんのでご注意ください。

リンクについて

 シェルパ・アンド・カンパニーが運営する各サイトのページへのリンクは、原則として自由です。ただし、当社サイトへのリンクであること(出典)を必ず明記してください。また次の各項にご注意ください。

  1. URLおよびコンテンツは、事前の予告無く、変更・削除される可能性があることをご了承ください。
  2. 登録会員専用のコンテンツの場合、閲覧の際に認証が必要となることがあります。
  3. 以下のような利用は、原則リンクをお断りしています。
    1. シェルパ・アンド・カンパニーが提供する情報の信頼性が害される、またはシェルパ・アンド・カンパニーの事業に支障をきたす恐れがあると当社が判断した場合
    2. 記事、画像、写真、広告など、サイトを構成するコンテンツの一部を消した形での表示方法(当社が意図しない形式でのOpen Graph Protocolの利用を含む)
    3. シェルパ・アンド・カンパニーの意図しない形で、営業目的や勧誘のために当社サイトへリンクを貼る場合

お問い合わせ

著作権の取り扱いに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

〒140-0013 東京都品川区南大井6丁目4番22号 東京ネオンビル2階

シェルパ・アンド・カンパニー株式会社

代表取締役 杉本淳

制定日 2021年6月1日

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. 2024-2-28

    ISSB基準(IFRS)統合、TCFDの参考開示事例を独自分析。TCFD解散で企業の情報開示も変わる?

    2024年からISSB基準(IFRS)の適用が開始されており、サステナビリティ関連情報の開示が財務…
  2. 2024-2-20

    TCFD解散による影響は?ISSB基準(IFRS)での「気候変動」にかかわる開示はどう変わる?

    2023年TCFDは、想定していた役割を終了したとして解散し、企業の気候変動に関わる情報開示への監…
  3. 2024-1-23

    ESGトレンド予測2024

    2024年、注目すべきESGテーマとは? 本コラムは「シェルパ・アンド・カンパニー、Chie…
  4. 2024-1-17

    人的資本経営とは?事例から学ぶ実践のポイントを改めてチェック

    人的資本経営では、「人材」はただのコストではなく、企業のサステナビリティに欠かせない資産のひとつと…
  5. 2024-1-10

    生物多様性クレジットとは。オフセットやバンキング制度の詳細と普及の可能性を予測。

    脱炭素社会の実現としてカーボンクレジットが注目されているが、生物多様性の保全に関しても「クレジット…

アーカイブ

ページ上部へ戻る