CDP、ISSBの気候変動開示基準を統合へ

CDP、IFRSの気候変動開示基準を統合へ

11月8日、気候調査プロバイダーで環境開示プラットフォームのCDPとIFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(ISSB)は、CDPがIFRSの新しい気候関連開示基準を環境開示プラットフォームに取り入れると発表した。

両組織によると、2024年の開示サイクルから、CDPを通じて環境サステナビリティデータを報告する数千の企業が、現在ISSBが開発中のIFRS S2 Climate-related Disclosuresを利用して報告を始めることになる。

CDPはグローバルな環境情報開示システムを運営しており、投資家やその他のステークホルダーが、気候変動、森林破壊、水の安全保障などの主要な環境サステナビリティ分野における企業のパフォーマンスを測定・追跡できるようになっている。CDPは、気候変動、森林伐採、水の安全保障などの主要な環境持続可能性領域における企業のパフォーマンスを測定・追跡し、通常は毎年12月に発表される年次スコアを提供している。

CDPによると、本統合は、ISSBの気候変動データ開示要求の急速な加速を支援するものである。CDPは最近、約61兆ドル相当の18,700社以上が今年、このプラットフォームを通じて環境データを開示し、前年比で40%以上増加したと報告している。

2021年11月に昨年のCOP26気候会議で発表されたISSBは、IFRSサステナビリティ開示基準の開発を進めており、国・地域ごとに利用でき、より広範な報告枠組みに組み込むことができる開示要求のグローバルなベースラインを提供することを目的としている。2022年3月、ISSBは一般的な持続可能性と気候関連の開示に関する基準の初期草案を発表し、2023年に最終基準を発行することを目指している。同委員会は最近、Scope3排出量報告と気候シナリオ分析を新基準の下で義務付けると発表した。

COP27会議では、20以上のパートナー団体とともに、新しいIFRS持続可能性報告基準の使用準備のために、作成者、投資家、その他の資本市場関係者を支援することに焦点を当てた、新しいパートナーシップの枠組みの形成も発表している。

【参照ページ】
(原文)ISSB at COP27: CDP to incorporate ISSB Climate-related Disclosures Standard into global environmental disclosure platform
(日本語訳)CDP、IFRSの気候変動開示基準を統合へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る