ApolloとOak Hill、プライベートクレジット市場向けのESG情報開示イニシアティブを開始

ApolloとOak Hill、プライベートクレジット市場向けのESG情報開示イニシアティブを開始

11月8日、オルタナティブ資産運用会社のグループは、プライベートクレジット市場におけるESG開示の標準フォーマットを提供することを目的とした新しいツール、ESG Integrated Disclosure Project (ESG IDP) テンプレートを立ち上げたことを発表した。

本取り組みは、Apollo Global ManagementやOak Hill Advisorsなどのパートナーによって設立され、オルタナティブ投資管理協会のプライベートクレジット関連団体であるオルタナティブ・クレジット・カウンシル(ACC)、ローンシンジケーション&トレーディング協会(LSTA)、国連の支援する責任投資原則(PRI)が主導している。

ESG IDPによると、新しいテンプレートは、ESG関連開示の標準フォーマットを提供することにより、クレジット投資家のみならず、民間企業の透明性と一貫性を高めることを目的としている。本取り組みの主な目的の1つは、金融機関が要求するESG関連データを、中小企業を含む様々な規模の企業が現実的に提供できるようにすることである。

テンプレートには、標準化された報告ツールと、貸し手のESGへの期待に関する借り手へのガイドの両方が含まれている。報告ツールには、借り手の事業に関するESGの基本的な評価を提供する一般的で業界にとらわれない質問と、SASBの基準から引用された業界固有の質問が含まれている。

また、本ツールは、投資家がポートフォリオの業界固有のESGリスクを特定・評価するのに役立つ情報開示の一貫性を向上させ、借り手が貸し手に最も関連するESG指標についてより確実性を高め、特定の情報開示に集中できるようにするなど、民間クレジット市場の関係者に一連のメリットを提供することを目的としている。

【参照ページ】
Alternative Credit Managers Launch ESG Integrated Disclosure Tool

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る