EU、再生可能エネルギーの導入量を来年には100GWに倍増

EU、再生可能エネルギーの導入量を来年には100GWに倍増

11月8日、エジプトのシャルムエルシェイクで開催されたCOP27気候変動枠組条約締約国会議において、EUのウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は、再生可能エネルギーの導入を大幅に拡大することを目指し、2022年の導入量を2倍以上となる50GWとした上で、来年は過去最高の100GWを導入する目標を掲揚した。

フォン・デア・ライエン委員長によると、本計画はEUが5月に提案した3,000億ユーロ(約44兆円)規模の戦略「RePowerEu」の一環であり、再生可能エネルギーやクリーンエネルギーの導入を含む施策を通じて、ロシアの化石燃料に対する欧州の依存度を低下させるものであるという。

また委員長は、エジプト、ナミビア、カザフスタンと新たに水素パートナーシップを締結し、ベトナムや南アフリカを含む国々の脱炭素化を支援するなど、COP27においてEUが支援したクリーンエネルギーと気候に焦点を当てたイニシアティブのいくつかを強調した。加えて先進国に対し、2020年に設定されたが、いまだ達成されていない気候変動資金として年間1000億ドル(約14.5兆円)を動員する義務を果たすよう促した。カナダとドイツが最近発表した報告書によると、この1,000億ドルの目標は来年にも達成される可能性が高いという。

【参照ページ】
Cop27, Ursula von der Leyen: “Let’s not take the highway to hell”

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る