中国、2040年までの造船グリーン発展行動要綱を発表

12月28日、中国国務院の工業情報化部、国家発展改革委員会、財政部、生態環境部、交通運輸部は、「2040年までの造船グリーン発展行動要綱」を発表し、造船イノベーションの加速化を宣言した。

本計画では、2025年までの目標として、液化天然ガス(LNG)、メタノール、アンモニアなどの低炭素燃料を用いる船舶の造船で国際市場シェア50%以上を確保することを掲げている。また、代替燃料に関しては、国際基準に合致させる方針を示し、2025年までに造船における二酸化炭素排出量を13.5%削減する目標も設定された。

2030年までの目標では、造船における二酸化炭素排出量を国際的な先進レベルに引き上げ、グリーンサプライチェーン・マネジメント・システムを確立するとしている。

これを達成するため、大型外航船では、LNG燃料船の最適化・改良、メタノール・アンモニア船型の研究開発の加速、燃料電池やその他の新型動力船型のプロトタイプ開発などが計画されている。また、旅客船や貨物船、工作船、漁船などの船舶では、LNGだけでなく、電化やメタノール、水素船の研究開発も進められる予定で、液体アンモニアや水素の活用も検討される。これに伴い、エンジンの開発にも力が注がれる。

また、環境フットプリントの削減に関しては、設計と製造の共同シミュレーションの強化、全ライフサイクルのシミュレーションの模索が計画され、ソフトウェアのイノベーションとアプリケーションの向上、造船、運航、修理、艤装、解体のグリーン化が焦点とされている。省エネ水準工場の設備改善、電化の推進、グリーン塗装、太陽光発電や風力発電の利用促進、固形廃棄物の削減、水循環の高度化などが挙げられている。

また、造船サプライチェーンにおいては、グリーン発展レベルの評価を行い、その結果をサプライチェーンの調達管理に反映させる検討も進められるほか、政府としてはグリーン情報開示システムの構築を進め、グリーン・低炭素認証・評価の能力向上をサポートする方針である。さらに、中国を「グリーン船舶修理」の拠点に育てるために、揮発性有機化合物の管理やリサイクル、汚染マネジメントシステムの確立が計画されている。

【参照ページ】
工业和信息化部 国家发展改革委 财政部 生态环境部 交通运输部关于印发船舶制造业绿色发展行动纲要(2024—2030年)的通知

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る