英国、2027年までに炭素国境調整メカニズム(CBAM)を導入

12月18日、英国エネルギー安全保障・ネット・ゼロ省は、欧州連合(EU)が先行導入している「炭素国境調整メカニズム(CBAM)」を英政府も2027年までに導入する方針を発表した。CBAMは別名「国境炭素税」としても知られている。

英政府は、本施策の背後にある理由を「炭素リーケージ」への対応と説明している。炭素リーケージとは、国内での炭素規制が強化されると、産業が海外に移転し、国内経済が弱体化する現象を指す。CBAMを導入することで、国外からの輸入品にも同様の炭素負担をかけ、国内産業を保護しようという狙いがある。

英国版CBAMの対象製品には、アルミニウム、セメント、セラミックス、肥料、ガラス、水素、鉄鋼などが含まれる。具体的な対象製品については、2024年中に協議される予定である。

英国版CBAMの算定対象は原則としてスコープ1と2だが、一部の製品については一次部品のスコープ3も対象になる考えがある。課される価格は排出量に応じており、金額水準については固定額か排出量取引市場(UK-ETS)の市場価格をベースにするかが検討されている。輸入元の制度状況を考慮し、差額を課す方針も示されている。

なお、CBAMに関しては米国連邦議会でも2023年に4つの法案が提出されており、それぞれ異なるアプローチが模索されている。

【参照ページ】
UK Carbon Border Adjustment Mechanism

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る