FIFAワールドカップ・カタール2022、スタジアムから出る廃棄物の約8割を再利用

12月27日、FIFAワールドカップのカタール大会主催者は、64試合の開催を成功させた後、2,000トン以上の廃棄物をリサイクルまたはコンポスト化できたと発表した。

FIFAとカタール大会組織委員会は、デリバリー&レガシー最高委員会を発足し、大会前と大会期間中に多くの取り組みを含む強固なプログラムを実施した。具体的には、堆肥化可能な食品包装の使用、ファンによるゴミの分別の奨励、全8競技場での分別施設の設置など。

廃棄物の処理は、現地のAPEX Waste Solutions and Management Companyが担当した。同社は各スタジアムですべての廃棄物を手作業で分別し、分別した品は地元のリサイクル業者が引き取った。

FIFAワールドカップ・カタール2022のサステナビリティ戦略の主な焦点は、廃棄物の削減とリサイクル、特にプラスチックのリサイクルを増やすことである。これを達成するため、大会主催者はプラスチックを堆肥化やリサイクルが可能な代替品に置き換えることに成功した。また、やむを得ず使用するプラスチックについては、廃棄物の流れから排除し、リサイクルできるように努めた。

【参照ページ】
(原文)Approximately 80% of waste from FIFA World Cup Qatar 2022™ stadiums recycled
(日本語参考訳)FIFAワールドカップ・カタール2022、スタジアムから出る廃棄物の約8割を再利用

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る