FIFAワールドカップ・カタール2022、スタジアムから出る廃棄物の約8割を再利用

12月27日、FIFAワールドカップのカタール大会主催者は、64試合の開催を成功させた後、2,000トン以上の廃棄物をリサイクルまたはコンポスト化できたと発表した。

FIFAとカタール大会組織委員会は、デリバリー&レガシー最高委員会を発足し、大会前と大会期間中に多くの取り組みを含む強固なプログラムを実施した。具体的には、堆肥化可能な食品包装の使用、ファンによるゴミの分別の奨励、全8競技場での分別施設の設置など。

廃棄物の処理は、現地のAPEX Waste Solutions and Management Companyが担当した。同社は各スタジアムですべての廃棄物を手作業で分別し、分別した品は地元のリサイクル業者が引き取った。

FIFAワールドカップ・カタール2022のサステナビリティ戦略の主な焦点は、廃棄物の削減とリサイクル、特にプラスチックのリサイクルを増やすことである。これを達成するため、大会主催者はプラスチックを堆肥化やリサイクルが可能な代替品に置き換えることに成功した。また、やむを得ず使用するプラスチックについては、廃棄物の流れから排除し、リサイクルできるように努めた。

【参照ページ】
(原文)Approximately 80% of waste from FIFA World Cup Qatar 2022™ stadiums recycled
(日本語参考訳)FIFAワールドカップ・カタール2022、スタジアムから出る廃棄物の約8割を再利用

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る