ユニリーバブランド、環境に優しいランドリーシートをマスマーケットに投入

ユニリーバブランドが環境に優しいランドリーシートをマスマーケットに投入

7月26日、ユニリーバのブランド、Dirt Is GoodとRobijnは、洗濯用シートを大衆市場に投入すると発表した。同社は、ランドリーシートを “超便利で持続可能なフォーマット “と説明している。

Dirt Is GoodとRobijnは、徐放性フレグランス・テクノロジーを使用しているため、洗濯後も布地内により強い香りを保つことができる。ユニリーバは、同社のランドリーシートが液体やカプセルの香りの持続性に及ばないという批判を受けて、本製品を開発した。

ユニリーバによると、洗濯シートは、液体やカプセルに代わるより便利なものを求める消費者の間で人気が高まっている。ユニリーバの調査によると、人々は性能がよくてシンプルな製品を求めている。ランドリーシートに関するオンライン検索はここ数年で急速に伸びており、アメリカでは116%、イギリスでは129%増加している。

Dirt Is Goodのランドリーシートは、消費者の利便性を考えて作られている。持続可能なシート、超濃縮シートは、有効成分を含む液体、水、空気を混ぜ合わせ、乾燥させて作られる。水分が蒸発すると、固形洗剤のシートに空気が加わり、非常に多孔質になる。この多孔性により、シートは15秒以内に溶け、20℃という低温でも残留物を残さない。

ランドリーシートを使えば、洗剤の入れすぎや少なすぎを防ぐことができる。それぞれのシートが適切な量の洗剤を供給するため、入れすぎによる無駄を防ぐことができる。軽い洗濯物には1枚を半分にし、大きい洗濯物や汚れのひどい洗濯物には2枚目を使うことができる。

このシートは生分解性成分を配合し、主な有効成分は植物由来である。製品はリサイクル可能な紙ベースの箱に入っており、コンパクトで軽量である。ユニリーバによれば、この箱は平均して他の形式よりも80%軽く、場所を取らず、持ち運びや使用、保管が容易だという。シートのコンパクトさは旅行にも適している。

Robijn’sシートは今年初めにオランダで発売され、店頭とオンラインで販売された。Persilは今月、英国でアマゾン限定で発売され、2024年には他のeコマースや食料品チャネルにも拡大する予定だ。

【参照ページ】
(原文)Unilever brings innovation to laundry sheets in mass market first
(日本語参考訳)ユニリーバ、ランドリーシーツに大衆市場初の革新をもたらす

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る