リサイクル技術プロバイダーCarbios、アパレル大手4社と繊維産業における循環型社会の推進に向け提携

7月6日、リサイクル技術を提供するCarbiosはOn・Patagonia・PUMA・Salomonのアパレル大手4社と、製品のリサイクル性と循環性を高めるソリューションの開発に関する契約を締結した。

2年間の契約の重要な要素は、繊維業界にとって画期的なCarbiosの独自のバイオリサイクル技術の導入を加速させることである。また、Carbiosと4社は、製品のリサイクル方法の研究、選別・解体技術を含む着用済みポリエステル製品の引き取り方法の開発、繊維間リサイクルや循環型モデルに関するデータ収集も行う予定だ。

4社に共通する課題は、ボトルから繊維へのリサイクルを中心とした従来のリサイクル技術では、持続可能な開発の野心的目標を部分的にしか達成できないことである。今後の規制により、パッケージングや繊維製品の循環型リサイクルがより一層求められる。しかし、食品・飲料業界の循環型生産方式に使用されるため、PETボトルは間もなく不足するというのが市場の共通認識だ。

Carbiosの革新的なプロセスは、アパレル、フットウェア、スポーツウェアに広く使用されているポリエステル(PET)繊維を、単独または他の繊維と一緒にリサイクルするための技術的ブレークスルーを構成するものである。PETポリエステルは繊維産業にとって最も重要な繊維であり、その生産量は52トンで、綿の23トンをも上回っている。バイオリサイクルプロセスは、ポリエステルを選択的に抽出できる酵素を使用し、ポリエステルを回収してバージンファイバーを再生するものだ。この画期的な技術により、従来の技術ではリサイクルできなかった繊維くずの中に含まれるPETポリエステルを回収可能になった。

PETプラスチックや繊維は、ボトルやパッケージ、繊維などの日常消費財の材料として使用されている。現在、ほとんどのPETは化石資源から生産され、その後、無駄の多い直線的なモデルに従って使用・廃棄されている。Carbiosのバイオリサイクル技術は、使用済みのプラスチックや繊維から循環型経済を生み出すことで、持続可能でより責任ある解決策を提供する。

【参照ページ】
(原文)Carbios, On, Patagonia, PUMA and Salomon team up to advance circularity in the textile industry
(日本語訳)Carbios・On・Patagonia・PUMA・Salomon、繊維産業における循環型社会の推進に向け提携

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る