LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小限に抑えることができるよう、世界的な輸送・物流会社であるKuehne+Nagelとの提携を発表した。

本提携により、両社は、持続可能な航空燃料(SAF)の使用を支援するクレジットを購入できるアドオンソリューションを設計する予定である。

新しい取り組みは、Lenovoが発表した、「バリューチェーン全体で2050年までに温室効果ガス(GHG)排出量をネット・ゼロにする」という目標に続くものである。

SAFは現在、世界の温室効果ガス(GHG)排出量の2~3%を占める航空産業の脱炭素化を促進する重要な手段の一つと考えられている。SAFは一般的に、廃油や農業残渣などの持続可能な資源から製造される。SAFの生産者は、従来の燃料と比較して最大80%の温室効果ガス排出量の削減が可能であると試算している。

新サービスでは、購入した機器に一定量のSAFを割り当て、顧客が購入した商品やサービスのScope3排出量の削減を請求できる。

【参照ページ】
(原文)Lenovo teams up with Kuehne+Nagel to design a sustainable logistics solution to help customers reduce their carbon footprint
(日本語参考訳)LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る