Kraft Heinz、ケチャップ用紙製ボトルを開発

5月10日、アメリカの食品メーカーであるKraft Heinzは、持続可能な包装と気候に関する目標を推進するため、同社の象徴であるHeinz・ケチャップボトルの紙製バージョンの開発計画を発表した。

今回新しく開発される、紙ベースの再生可能かつリサイクル可能なボトルは、持続可能な方法で調達された木材パルプを100%使用しており、同社は持続可能な包装技術会社Pulpexと共同で開発を進めている。

新しい協力関係のもと、HeinzとPulpexは、本技術が Heinzトマトケチャップやその他のパッケージング形態にどのように使用できるかをテストするための試作品を開発し、消費者によるテストとボトルの市場投入の前に試作品の性能を評価することにしている。

両社によると、紙製ボトルのCO2排出量は、ガラス製やプラスチック製のボトルよりも大幅に少なく、紙ゴミの回収・処理過程でリサイクルすることが可能である。これらの特性は、2025年までにすべてのパッケージをリサイクル、再利用、または堆肥化可能にすること、および2050年までに温室効果ガス排出を完全にゼロにするという目標を含む、Kraft Heinzのサステナビリティ目標に貢献する。

【参照ページ】
(原文)Kraft Heinz Explores the Ketchup Bottle of Tomorrow
(日本語訳) Heinz 、ケチャップ用紙製ボトルを開発

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る