Iberdrola、EIBと風力・太陽光発電プロジェクト向け約767億円のグリーンローンに合意

Iberdrola、EIBと風力・太陽光発電プロジェクト向け5億5千万ドルのグリーンローンに合意

7月22日、世界的なエネルギー・電力事業者であるIberdrolaは、欧州投資銀行(EIB)との間で、スペインにおける風力発電所および太陽光発電所のポートフォリオ(予定容量180万kW)の開発資金として、新たに5億5000万ユーロ(約767億円)のグリーンローン契約を締結したことを発表した。

本プロジェクトは、スペインの地方都市に建設され、約100万世帯分の電力を供給することが期待されている。総投資額は11億ユーロ(約1,534億円)を超える見込みである。

本取引は、Iberdrolaが今月初めに署名した25億ユーロの持続可能性連動クレジットラインや、4月に発表したBanco Santanderとの10億ユーロ(約1,395億円)のグリーンローンなど、一連の持続可能金融取引の最新版となるものである。Iberdrolaは昨年、同社の資金調達構造について、グリーン製品や持続可能な製品の割合をますます高める計画を発表しており、2025年までに負債の3分の2近くを占めると推定されている。

Iberdrolaは、クリーンエネルギー容量の拡大も積極的に行っている。同社は2020年後半に750億ユーロ(約10兆円)の資本計画を打ち出し、その中には今後数年間の再生可能エネルギーへの大規模な投資が含まれており、2025年までに再生可能エネルギー容量をほぼ2倍にすることを想定している。今後10年間で、1500億ユーロ(約21兆円)を投資し、再生可能エネルギー容量を3倍、ネットワーク資産を2倍にすることを目標としている。

EIB は2020年に「気候ロードマップ」を発表し、2030 年までに1兆ユーロ(約140兆円)の気候・環境持続 可能性投資を支援し、すべての融資活動をパリ気候協定の原則と目標に沿うようにすることを目指している。

【参照ページ】
(原文)Iberdrola signs a €550m green loan with the EIB to boost renewables in Spain
(日本語訳)Iberdrola、EIBと風力・太陽光発電プロジェクト向け5億5千万ドルのグリーンローンに合意

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る