KLA、2030年までの排出量半減と2050年までのネット・ゼロを約束

KLA、2030年までに排出量を半減、2050年にネット・ゼロを目指すことを約束

8月25日、半導体製造装置およびサービスのグローバル企業であるKLA株式会社は、2021年を基準として2030年までにスコープ1と2の排出量を50%削減し、2050年までにスコープ1と2の排出量をネット・ゼロにする目標を含む、一連のサステナビリティに関する新しいコミットメントを発表した。本コミットメントは、2021年版グローバルインパクトレポートの発表と同時に発表された。

KLAは、SBTiの企業ネット・ゼロ標準基準を参考に、新たな気候変動目標を設定したと述べている。SBTiは、企業の環境維持活動を、気候変動への対応と抑制という世界的な目標と一致させることに重点を置く重要な組織の一つだ。SBTiは、昨年「ネット・ゼロ・スタンダード」を立ち上げ、企業のネット・ゼロ・エミッション達成への取り組みを評価・認証するための厳しい基準を設定している。

本コミットメントは同社が昨年発表した、2030年までに全世界の事業所で再生可能エネルギーによる電力を100%使用するという目標と、今年初めに発行した同社初のサステナビリティ関連債券に続くものである。債券のコストは、再生可能エネルギーの使用拡大およびCO2排出量削減の目標に対するパフォーマンスと連動している。

KLAは、新たに運用を開始した排出量目標に加え、スコープ3の削減目標の策定に向けて、来年末までに評価と進捗の発表を行う予定であると述べている。

KLAのインパクトレポートでは、昨年度の同社の地域社会への取り組みも紹介されており、KLA財団の助成金プログラムを通じて、総額390万ドル(約5.4億円)の助成金とインドのCOVID-19救済のための55万ドル(約7600万円)の寄付が含まれている。また、KLA社会的公正基金を通じて、サウスベイ/シリコンバレーおよびメトロデトロイト地域の5つの非営利団体に53万ドル(約7300万円)の助成金を提供した。

【参照ページ】
(原文)KLA’s 2021 Global Impact Report Highlights New Climate Goals
(日本語訳)KLAの2021年版グローバルインパクトレポートは、新たな気候変動目標を強調しています。

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る