Blackstone、炭素・環境市場向けプラットフォーム Xpansiv に約550億円を投資

Blackstone、炭素・環境市場向けプラットフォーム Xpansiv に約550億円を投資

7月6日、オルタナティブ投資マネージャーBlackstoneは、同社のエネルギー関連プライベート・エクイティ事業 Blackstone Energy Partnersが率いる、グローバルな炭素・環境商品市場インフラ・プラットフォーム Xpansiv への4億ドル(約550億円)の戦略的投資を発表した。

Xpansivは、市場参加者が炭素やエネルギー、水などの環境商品を評価・交換できるインフラを提供し、ボランタリーカーボンオフセットや再生可能エネルギークレジット (REC)、低炭素燃料の市場データも提供している。同社の事業部門には、ESG商品スポット取引所CBL、オーストラリアを拠点とする水スポット取引所H2OX、市場データプロバイダーXSignals、ESGを含む商品マルチレジストリポートフォリオ管理システムEMAが含まれる。

Blackstoneの戦略的投資は、環境商品市場、特に炭素市場の市場が今後数年間で大きく拡大すると予想されていることを受けたもの。企業やビジネスがますますネット・ゼロ目標を打ち出し、自らの絶対的排出量削減努力への橋渡しとして、あるいは排出回避が難しいバランスとして、カーボンオフセットやクレジットに目を向けるようになってきている。

今回の投資で得た資金は、Xpansivが有機的な取り組みによって成長を促進し、買収路線を継続するために使用される予定だ。

ESGとエネルギー移行は、Blackstoneの重要な投資テーマとして浮上している。今年初め、同社は、今後10年間でエネルギー転換と気候変動対策プロジェクトに推定1000億ドル(約13兆円)を投資する機会があると述べていた。

【関連記事】Blackstone、持続可能な資源プラットフォームの立ち上げを発表。11兆円超の投資機会を見込む

【参照ページ】
(原文)Blackstone Announces $400 Million Investment in Xpansiv, the Leading Global Carbon and Environmental Commodities Exchange Platform
(日本語訳)Blackstone、世界有数の炭素・環境商品取引プラットフォーム Xpansiv に4億ドルの投資を決定

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る