Blackstone、持続可能な資源プラットフォームの立ち上げを発表。11兆円超の投資機会を見込む

Blackstoneは、同社のクレジット部門であるBlackstone Creditが再生可能エネルギー企業やエネルギー転換を支援する企業への投資および融資を行う新たな「持続可能な資源プラットフォーム」の立ち上げを発表した。本プラットフォームは、再生可能エネルギー企業やエネルギー転換を支援する企業への投融資を行う。

新プラットフォームの投資対象分野には、住宅用太陽光や住宅効率、再生可能エネルギーによる発電や蓄電、エネルギー転換を可能にする製品やサービス、技術、天然資源、脱炭素化された輸送、サステナビリティ・リンク・ローン、グリーン・ファイナンス、その他のエネルギー・インフラ投資などが含まれる。投資対象は、投資級および非投資級のクレジットから優先株式や転換社債型新株予約権付社債まで、幅広い分野にわたる。

今回の設立は、世界中の政府や企業がネット・ゼロ・コミットメントを立ち上げ、追求している中、脱炭素化に向けた世界的な取り組みから生まれる投資機会を活用しようとする Blackstoneの一連の動きの中でも最新のものだ。今月初め、Blackstone は民間の再生可能エネルギー企業である Invenergy Renewables Holdingsへの約30億ドルの投資に関する合意を発表した。またその他の最近の取引としては、ユーティリティスケールの太陽光技術メーカーであるArray Technologiesへの5億ドルの出資や、インフラ製品・ソリューション企業であるSabre Industriesの買収などがある。

Blackstone は2019年以降、この分野にすでに150億ドル以上の投資をコミットしているが、同社は今回のリリース時に今後10年間でエネルギー転換および気候変動対策プロジェクトに推定1,000億ドル(11.4兆円)を投資する機会があると述べた。

【参照ページ】
(原文)Blackstone Launches Sustainable Resources Credit Platform
(日本語訳)Blackstone、持続可能な資源プラットフォームの立ち上げを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る