三菱食品、サステナビリティ方針制定。EVトラック2台を試験導入

三菱食品、サステナビリティ方針制定。EVトラック2台を試験導入

1月11日、三菱食品株式会社は、中期経営計画 2023で掲げた同社パーパスに根ざしたサステナビリティ経営を実践するべく、「サステナビリティ方針」の制定を発表した。その中でCO2排出量削減に向けた新たな取り組みとして、環境配慮型電力契約への切り替えを実施するとともに、環境配慮型のEVトラックを試験導入することが明らかになった。

環境配慮型電力契約への切り替え実施 では、22年度から全国9エリアでCO2排出係数ゼロの環境配慮型電力契約に切り替えることで、年間約3万トンのCO2排出量削減につなげるとしている。

環境配慮型のEVトラックの試験導入では、食品流通業界における配送車両の CO2 排出量削減は、持続可能な物流を実現する上で必須の課題であることから、この度当社連結子会社であるキャリテック株式会社に非化石燃料車(EV トラック:走行時の CO2 排出ゼロ)を 2 台試験導入することを発表した。

同社は中経 2023 にて「食のビジネスを通じて持続可能な社会の実現に貢献する」をパーパスに掲げており、その一環として脱炭素社会の構築に貢献すべく、当社が掲げる 2030 年目標の一つ「CO2 排出量削減」の達成に向けた具体的施策として今般の発表に至った。尚、今回の取り組みも踏まえた 2030 年度の新目標について、今春を目途に再設定・リリース予定である。

【参照ページ】
「サステナビリティ方針」の制定とCO2 排出量削減に向けた取り組みについて

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る