日本、北海道で日本最大の洋上風力発電所を商業運転開始

1月4日、東京電力ホールディングス傘下の東京電力フュエル&パワーと中部電力の折半合弁発電子会社JERAと、グリーンパワーインベストメントは、1月1日に商業運転を開始した「石狩湾新港洋上風力発電所」を通じて、特別目的会社(SPC)であるグリーンパワー石狩を通じて保有していたことを発表した。

石狩湾新港洋上風力発電所は、シーメンス・ガメサ・リニューアル・エナジー製の8MW機を14基設置し、設備容量は112MWとなり、これは日本最大の洋上風力発電所となる。陸上工事は鹿島建設が、洋上工事は清水建設と日鉄エンジニアリングが共同で担当した。本発電所には180MWhの蓄電発電所も併設されている。

発電した電力は、北海道電力ネットワークに全量売電され、売電期間は20年間である。北海道では、半導体製造ラピダスも再生可能エネルギーを調達する意向を示しており、ラピダスの電力設備容量の想定需要は600MWで、北海道内の需要の1割から2割を占めると見られている。ラピダスは2025年4月に商業運転を開始する予定である。

石狩湾新港洋上風力発電所建設プロジェクトは、グリーンパワーインベストメントが計画し、2012年に北海道での環境影響評価が開始された。当初の計画では7MW機を14基建設する予定だったが、2016年には4MW機を26基建設すると変更された。

JERAとNTTアノードエナジーは、2023年5月にグリーンパワーインベストメントの株式を米再生可能エネルギーPattern Energy Groupから買収し、主要株主となった。

【参照ページ】
「石狩湾新港洋上風力発電所」の商業運転開始について

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る