住友金属鉱山、二次電池用正極材の増産を行うことを決定

住友金属鉱山、二次電池用正極材の増産を行うことを決定

7月6日、住友金属鉱山株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:野崎 明)は、自動車の電動化進展に伴う車載用二次電池の需要拡大に対応するために、二次電池用正極材の増産を行うことを決定したと発表した。

自動車用のリチウムイオン電池の重要な部材の1つである「正極材」を生産する工場を、別子地区(愛媛県新居浜市)に新工場として建設、播磨事業所(兵庫県加古郡播磨町)では関連する製品をつくるために設備増強を行う。設備投資総額は両拠点合計470億円で、2025年の完成を予定している。

【参照ページ】車載電池向け正極材の増産を決定-別子地区に新工場を建設-

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る