和歌山県白浜空港で脱炭素化取り組み開始

gray airliner

7月6日、和歌山県白浜町の南紀白浜エアポートは、民間企業と連携して南紀白浜空港の脱炭素化に向けた取り組みを始めると発表した。

南紀白浜エアポート、JAG 国際エナジー、オリエンタルコンサルタンツの 3 社が協力し、以下の取り組みを行い、事業化検討を行うとしている。

・南海トラフ地震などの有事を想定し、空港敷地内に太陽光発電環境を整備することで災害時のレジリエンスを高める
・空港施設と空港ビジネス拠点(2022 年 6 月開業予定)で再生可能エネルギー電力を融通し、平常時における電力消費の効率化と脱炭素化を図る

【参照ページ】ゼロ・エミッション空港を目指す包括連携協定を締結~南紀白浜空港の脱炭素とレジリエンス強化の実現に向けて~

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る