環境省、福島県の「脱炭素×復興まちづくり」FS事業に5件を採択

環境省は7月2日、福島県浜通り地域における「脱炭素」と「復興」の両立に向けた取り組みを推進する2021年度「脱炭素×復興まちづくり」FS事業に5件を採択したと発表した。

採択された事業は以下の通り。

  • 大熊町での営農型太陽光発電実現可能性調査
    • 代表事業者:清水建設
    • 共同実施者:JEMS、マイファーム
  • 浪江町での脱炭素ツーリズムに関する実現可能性調査
    • 代表事業者:野村総合研究所
    • 共同実施者:郡山観光交通、孫の手、食大学
  • 福島県浜通り地域における安価な水素供給モデルの実現可能性等に係る調査
    • 代表事業者:鈴木商館
    • 共同実施者:トヨタ自動車、豊田自動織機、日本環境技研
  • 浪江町請戸漁港における波力発電に係る実現可能性調査
    • 代表事業者:エイブル
    • 共同実施者:東京久栄、東京大学生産技術研究所、九電工
  • 浪江町におけるバイオマスレジン製造プラント等へのグリーン水素供給等に係る実現可能性調査
    • 代表事業者:EYストラテジー・アンド・コンサルティング
    • 共同実施者:バイオマスレジン福島、スマートアグリ・リレーションズ、相馬ガスホールディングス

【参照ページ】福島県浜通り地域における脱炭素まちづくりを進めるための再生可能エネルギーの導入等に係るプロジェクトの採択課題決定について ~令和3年度「脱炭素×復興まちづくり」に資するFS事業~

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る