トヨタ・いすゞ・日野、バスの電動化に向けて協業開始

トヨタ・いすゞ・日野、バスの電動化に向けて協業開始

トヨタ自動車・いすゞ自動車・日野自動車の3社は、バスの電動化を加速するための新たな協力関係を構築し、今後数年間で電気バスを共同開発・生産する計画であることを発表した。 両社は、2050年までにカーボンニュートラルの達成を促進するための取り組みであると述べいる。

いすゞと日野は、2024年にバッテリー式電気自動車(BEV)バスの生産を開始する予定だ。いすゞと日野のBEV平床路線バスは、いすゞと日野の合弁会社であるジェイ・バス株式会社で生産を開始する。BEVパワートレインの採用により、車両使用時のCO2排出量ゼロを目指す。

また、3社は、BEV型路線バスをベースにした次世代燃料電池電気自動車(FCEV)型路線バスの企画・開発の検討開始も合意した。FCEVバスは、2024年に発売予定のBEVバスのプラットフォームと、トヨタ自動車が「MIRAI」や燃料電池バス「SORA」に搭載している燃料電池システムを組み合わせたもので、トヨタ自動車は、このFCEVバスを「MIRAI」、トヨタ自動車は、このFCEVバスを「SORA」と呼んでいる。

【参照ページ】カーボンニュートラル実現に向けて、バスの電動化を加速

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る