トヨタ・いすゞ・日野、バスの電動化に向けて協業開始

トヨタ・いすゞ・日野、バスの電動化に向けて協業開始

トヨタ自動車・いすゞ自動車・日野自動車の3社は、バスの電動化を加速するための新たな協力関係を構築し、今後数年間で電気バスを共同開発・生産する計画であることを発表した。 両社は、2050年までにカーボンニュートラルの達成を促進するための取り組みであると述べいる。

いすゞと日野は、2024年にバッテリー式電気自動車(BEV)バスの生産を開始する予定だ。いすゞと日野のBEV平床路線バスは、いすゞと日野の合弁会社であるジェイ・バス株式会社で生産を開始する。BEVパワートレインの採用により、車両使用時のCO2排出量ゼロを目指す。

また、3社は、BEV型路線バスをベースにした次世代燃料電池電気自動車(FCEV)型路線バスの企画・開発の検討開始も合意した。FCEVバスは、2024年に発売予定のBEVバスのプラットフォームと、トヨタ自動車が「MIRAI」や燃料電池バス「SORA」に搭載している燃料電池システムを組み合わせたもので、トヨタ自動車は、このFCEVバスを「MIRAI」、トヨタ自動車は、このFCEVバスを「SORA」と呼んでいる。

【参照ページ】カーボンニュートラル実現に向けて、バスの電動化を加速

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る