BPとEquinor、ロシア事業からの撤退を発表

BPとEquinor、ロシア事業からの撤退を発表

エネルギー大手のBPとEquinorは、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、ロシアでの投資と事業活動から撤退すると発表した。

ロスネフチ株式の帳簿価額の減損に加えて、BPは現在約110億ドル(約1.3兆円)に上る累積為替差損から生じる多額の費用を負担する。

BPはまた、同社のバーナード・ルーニー最高経営責任者がロスネフチの取締役を直ちに辞任し、ボブ・ダドリー元最高経営責任者も辞任を発表した。

ノルウェーのエネルギー企業であるEquinorも、ロシアへの新規投資を停止し、ロシアの合弁事業から撤退する手続きの開始を発表した。Equinorのロシアにおける非流動資産は12億ドル(約1,400億円、2021年末時点)とみられており、同社は今回の決定が減損につながると述べている。

【参照ページ】
(参考記事)Equinor joins BP in exit of Russian projects
(日本語訳)BPとEquinorがロシアからの撤退を発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る