BPとEquinor、ロシア事業からの撤退を発表

BPとEquinor、ロシア事業からの撤退を発表

エネルギー大手のBPとEquinorは、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、ロシアでの投資と事業活動から撤退すると発表した。

ロスネフチ株式の帳簿価額の減損に加えて、BPは現在約110億ドル(約1.3兆円)に上る累積為替差損から生じる多額の費用を負担する。

BPはまた、同社のバーナード・ルーニー最高経営責任者がロスネフチの取締役を直ちに辞任し、ボブ・ダドリー元最高経営責任者も辞任を発表した。

ノルウェーのエネルギー企業であるEquinorも、ロシアへの新規投資を停止し、ロシアの合弁事業から撤退する手続きの開始を発表した。Equinorのロシアにおける非流動資産は12億ドル(約1,400億円、2021年末時点)とみられており、同社は今回の決定が減損につながると述べている。

【参照ページ】
(参考記事)Equinor joins BP in exit of Russian projects
(日本語訳)BPとEquinorがロシアからの撤退を発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る