Apple、2025年までにすべてのバッテリーに100%リサイクルされたコバルトを使用

4月13日、Appleは、製品に使用するリサイクル素材を倍増し、2025年までにパッケージからプラスチックを排除することを発表した。

同社は、iPhone、iPad、Apple Watch、MacBookなどのバッテリーに使用するコバルトを100%リサイクル品に移行する期限を発表した。バッテリーは、同社が使用するコバルトの「かなりの大部分」を独占していると同社は指摘している。コバルトは、採掘方法に関しても、採掘を行う人々への直接的な影響に関しても、荒削りな金属である。

Appleは過去3年間で、100パーセント認証されたリサイクルコバルトの使用を大幅に拡大し、2025年までにAppleが設計したすべてのバッテリーに含めることができるようにした。2022年には、Apple製品に含まれるコバルトの4分の1がリサイクル材によるものであり、前年の13%から増加する。

この動きは、アルミニウム、タングステン、希土類金属などの主要素材に関する同様の取り組みに続くものである。また、2030年までにカーボンニュートラルを実現するというAppleの長期的な目標の一部にもなっている。

Appleは、古い使用済みデバイスからコバルトをリサイクルする。5年前、AppleはiPhoneから材料を剥がし、分離するロボットアーム「Daisy」を導入した。

2019年以降、Daisyによって抽出されたバッテリーから11,000キログラム以上のコバルトが回収され、流通市場に戻されたとAppleは推測している。Daisyはまた、従来の電子機器リサイクルプロセスで大部分が失われている希土類元素の回収にも貢献している。

AppleのXRの野心に照らして、もう一つ興味深いのは、人間の作業員を分解プロセスに導くために、パートナーに出荷している「オーバーヘッドプロジェクターベースの拡張現実システム」(投稿の一番上に見られる)である。

【参照ページ】
(原文)Apple will use 100 percent recycled cobalt in batteries by 2025
(日本語訳)アップル、2025年までに電池に再生コバルトを100%使用へ

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る