Amazon、Engieと473MWの洋上風力発電の購入契約を締結

アマゾン、Engieと473MWの洋上風力発電の購入契約を締結

1月30日、電力会社Engieは、スコットランドにあるOcean Windsのモレー・ウェスト洋上風力発電所から473MWの再生可能エネルギーを調達するための、Amazonとの新たな企業間電力購入契約(CPPA)を発表した。

本契約は、同風力発電所の予測エネルギーの半分以上を確保するもので、英国の家庭65万戸以上の年間電力にほぼ相当する。

Ocean Windsは、EDP RenewablesとENGIEが折半出資する洋上風力発電専門のジョイントベンチャーである。60基のタービンを備えた882MWの風力発電所は、開発・建設計画を加速させ、現在スコットランド沖約22.5キロに建設中だ。

本契約は、Amazonが2023年に100以上の新しい太陽光発電と風力発電プロジェクトに投資し、4年連続で再生可能エネルギーの最大の企業購入者の称号を獲得し、同社のクリーンエネルギー容量のパイプラインを年間77,000GWh以上、720万世帯の電力需要にほぼ匹敵すると発表した最近の発表に続くものである。

Amazonは、2030年という当初の目標を前倒しして、2025年までに同社に帰属する電力の100%を再生可能エネルギーで賄うことを見込んでいる。2023年には事業の90%以上を自然エネルギーで賄う。

【参照ページ】
(原文)Amazon signs a PPA with ENGIE to procure 473MW of renewable energy
(日本語参考訳)Amazon、Engieと473MWの洋上風力発電の購入契約を締結

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る