欧州委員会、洗剤規則の簡素化、明確化、デジタル化を提案

欧州委員会、単一市場における洗剤の規則の簡素化、明確化、デジタル化を提案

4月28日、欧州委員会は、洗剤の単一市場のよりよい機能を確保するために、現行の規則を簡素化し、将来性を持たせた洗剤に関する規則の改訂版を提案した。改正された規則は、微生物を含む洗剤のような革新的な新製品や、洗剤の詰め替え販売のような持続可能な新しい慣行をカバーしている。また、新規則では、洗剤と界面活性剤のデジタルラベルと製品パスポートを導入している。

本提案は、欧州グリーンディール、持続可能性のための化学物質戦略、および最近採択されたEUの長期的競争力に関する欧州委員会通信の目標に沿って、既存の規則を更新するものである。

洗剤産業は、欧州の化学産業の重要なサブセクターであり、2018年には化学産業全体の生産額の約4.2%を占めている。2020年の欧州の洗剤産業の総市場価値は、412億ユーロ(約6兆円)である。消費者向けと業務用を含む市場全体向けの製品の製造には、欧州全域で約700の個別の施設が関与している。

洗剤に関する2004年3月31日付欧州議会および理事会規則(EC)No 648/2004(洗剤規則)は、洗剤がEU市場に投入されるために遵守すべき規則を定めている。

2019年、同規則の欧州委員会評価では、いくつかの弱点とさらなる改善すべき領域が指摘された。改善すべき主要な分野の1つは、洗剤規則と他のEU化学物質法、特に化学物質の分類、表示および包装に関する規則(CLP)、生物化学製品規則、REACH規則との重複であった。これらの重複は、洗剤の表示要件の重複につながることが多く、洗剤業界にとって不必要な負担となり、消費者への安全性と使用情報の効果的な伝達が損なわれている。評価では、このような情報伝達のための革新的なデジタルツールの使用は、現状では最適とは言えないと結論付けている。

【参照ページ】
(原文)Commission proposes simplified, clearer and digital rules for detergents in the Single Market
(日本語訳)欧州委員会、単一市場における洗剤の規則の簡素化、明確化、デジタル化を提案

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る