エリクソン、2040年に向けてカーボンニュートラル目標を設定

エリクソン、2040年に向けてカーボンニュートラル目標を設定

1月25日、スウェーデンの通信機器世界大手、エリクソンは、2040年までのカーボンニュートラル目標を発表した。本目標は、科学的根拠に基づく削減目標イニシアティブ(SBTi)からの承認を受けたもので、スコープ3を含むバリューチェーン全体での削減が焦点である。

同社は2021年に2040年までのカーボンニュートラル目標を設定し、今回、SBTiからネットゼロ・スタンダードでの承認を得た。具体的には、2040年末までにバリューチェーン全体の二酸化炭素排出量を2020年比90%削減し、残余排出量の10%を炭素除去によりオフセットする計画である。

エリクソンはすでに、2016年から2022年までの短期目標をSBTiからの承認を受け、着実に達成している。これにはスコープ1、2、およびスコープ3の排出量を35%削減する目標や、無線システムでの35%の省エネ目標が含まれていた。2022年時点では、前者の目標では60%減、後者の目標では39%の省エネを達成している。

さらに、今回の発表では新たな短期目標も示された。2030年までには、スコープ3を含むバリューチェーン全体での二酸化炭素排出量を2020年比50%削減する計画である。具体的には、スコープ1とスコープ2の総量で90%削減し、スコープ3の総量で50%削減することを目指す。

エリクソンは、これらの取り組みを通じて、持続可能な未来に向けて積極的な役割を果たしていく意向を示している。

【参照ページ】
(原文)Ericsson’s second round of climate targets toward Net Zero approved by Science Based Target initiative

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る