Lufthansa、欧州の航空会社として初めてFMCに参加 SAFを開発

3月28日、Lufthansaは、持続可能な航空燃料(SAF)の開発を推進するため、難燃性産業の脱炭素化を目指すグローバル連合であるFirst Movers Coalition(FMC)にヨーロッパの航空会社として初めて加盟した。

Lufthansaは、Airbus、Boeing、Delta Airlines、United AirlinesといったFMC航空部門の既存メンバーに加え、低炭素技術の購入約束を通じて、世界で最も炭素集約的な産業部門の一つを浄化することに重点を置いている。

FMCは、航空会社、航空券および航空貨物の購入者、航空機メーカー、燃料メーカー、空港に対して、意欲的な取り組みを求めている。航空業界は、世界のエネルギー関連CO2排出量の2%以上を占めており、ゼロエミッションの航空を実現するために政府と協力することが重要である。

FMCの航空セクターのメンバーは、2030年までに、従来のジェット燃料需要の少なくとも5%を、ライフサイクルでのGHG排出量を従来のジェット燃料と比較して85%以上削減するSAFに置き換えること、または炭素排出量ゼロの推進技術を使用することを約束する。

Foersterはまた、航空分野のエネルギー転換におけるグリーン水素の重要性を強調した。

【参照ページ】
(原文)Lufthansa Joins First Movers Coalition to Drive Global Development of Sustainable Aviation Fuels
(日本語訳)ルフトハンザ、持続可能な航空燃料のグローバル開発を推進するFirst Movers Coalitionに参加

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る