シンガポール中央銀行、投資家と銀行にネット・ゼロへのダイベストメント・アプローチを避けるよう指導

シンガポール中央銀行、投資家と銀行にネット・ゼロへのダイベストメント・アプローチを避けるよう指導

10月18日、シンガポールの中央銀行および金融規制当局であるシンガポール金融管理局(MAS)は、銀行、保険会社、資産運用会社を含む金融機関向けのネット・ゼロ移行計画に関するガイドライン案を含む一連のコンサルテーション・ペーパーを発表した。

同ガイドラインは、金融機関が健全な移行計画プロセスを策定し、顧客や投資先企業による効果的な気候変動緩和・適応策を可能にすることで、ネット・ゼロ経済への移行や気候変動の物理的影響を管理することを、MASの監督当局が期待するものである。

本ガイドラインに含まれる主な期待の一つは、金融機関が移行計画に対して、ダイベストメントではなく、エンゲージメント・アプローチを取ることであり、物理的リスクや移行リスクへの対応について顧客や投資先企業と関わりを持ち、カーボンフットプリントを削減し、気候変動への耐性を構築するために協力することである。MASによれば、信頼できる移行計画を持つ、気候変動リスクにさらされている企業から融資や保険、投資を引き揚げることは、脱炭素化に必要な資金を奪う可能性がある。

MASはまた、金融機関に対し、物理的リスクや移行リスクが顕在化するまでの期間が長いことを考慮し、一般的な融資や投資の期間を超えて、移行計画に複数年のアプローチをとるよう指導した。

MASからの追加ガイダンスとしては、物理的な気候リスクと適応的な気候リスクの複雑な相互作用を考慮するため、リスクに対する全体的なアプローチや気候緩和・適応策に対する統合的なアプローチをとること、また、気候関連リスク以外の環境リスク(自然資本や生物多様性の損失など)を考慮し、移行計画においてこれらの環境リスクの相互依存関係を考慮することなどが挙げられた。さらに、金融機関は、利害関係者に対して、重要な気候関連リスクへの対応状況や、それらのリスクに対処するためのガバナンスやプロセスについて理解できるよう、関連情報を開示するよう指導された。

【参照ページ】
(原文)MAS Guidelines for Financial Institutions on Transition Planning for a Net Zero Economy
(日本語参考訳)シンガポール中央銀行、投資家と銀行にネット・ゼロへのダイベストメント・アプローチを避けるよう指導

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る