Robeco、全投資商品のサステナビリティ情報を開示へ

Robeco、全投資商品のサステナビリティ情報を開示へ

10月18日、国際的な資産運用会社であるRobecoは、すべての投資商品についてサステナビリティ情報の提供を開始すると発表した。気候、ネット・ゼロ、生物多様性、持続可能な開発目標(SDGs)などのテーマをカバーする情報を、商品のファクトシートやウェブページに追加する。

ファクトシートは、パフォーマンス、手数料、投資先上位10社、セクター配分、ポートフォリオ・マネジャーなどの商品情報を開示するために、資産運用会社が日常的に使用している。Robecoは、サステナブルでインパクトに沿った戦略のサステナビリティの特徴を報告してきたが、今後はこの報告を100以上のファクトシートとウェブサイトの関連商品ページに追加する予定である。

Robecoによれば、この動きはポートフォリオの持続可能性要因の開示拡大を求める声を受けてのものだという。報告される指標には、ポートフォリオの環境フットプリント、SDGs達成との整合性、エンゲージメントのレベル、除外事項、サステナリティクスなどの外部データプロバイダーによる商品のESG格付けなど、顧客が重要と考える事項が含まれる。

【参照ページ】
(原文)Robeco enhances sustainability disclosures on factsheets and websites
(日本語参考訳)Robeco、全投資商品のサステナビリティ情報を開示へ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る