DHL、6億6800万リットルのSAF契約に調印

DHL、6億6800万リットルのSAF契約に調印

10月19日、ロジスティクス業界の大手であるDHL Expressは、クリーンエネルギーおよび再生可能燃料のプロバイダーであるWorld Energyと、持続可能な航空燃料証書(SAFc)を通じて約6億6,800万リットルの持続可能な航空燃料(SAF)を購入する新たな長期契約を締結したことを発表した。

2030年までの7年間にわたる本契約は、航空業界におけるSAFc契約としては過去最大規模のものとなる。

SAFの使用を拡大することは、DHLのサステナビリティ・ロードマップの重要な部分を形成している。2021年に発表されたこのロードマップには、より野心的な気候変動目標の導入や、役員報酬とESG目標の関連付けなど、脱炭素化と環境サステナビリティに関する一連のコミットメントが含まれている。DHLの目標には、2030年までにすべての航空輸送に少なくとも30%のSAF混合燃料を使用することが含まれています。

DHL Expressは昨年、サプライヤーであるbpとNesteから今後5年間で8億リットルを超えるSAFを調達するという、過去最大規模のSAF取引に合意した。また、DHLは最近、SAFの使用による航空旅客の排出量削減を追跡・報告する新しいシステムを開拓し、テストするための協力関係を結んだと発表した。

両社によると、SAFc契約は、「ブック&クレーム」方式を採用することにより、燃料の環境属性を燃料そのものから分離することを可能にし、各クレジットに関連する排出削減量が正確に移転され、第三者からの検証を保証する。ブック&クレーム方式はまた、燃料を実際にDHLに輸送する際の物流上の問題や排出を回避する。その代わりに、燃料はカリフォルニア州パラマウントにあるWorld Energyの生産施設に近いロサンゼルス地域の空港に供給される。World Energyはスコープ1排出量削減のクレジットを受け取り、DHLはスコープ3排出量削減の証明書を受け取る。

今回の合意により、航空燃料のライフサイクル全体で約170万トンの二酸化炭素(CO2)排出量が削減される見込みである。これは、アメリカ大陸における1年間のカーボンニュートラルなDHLのフライト約77,000便分に相当する。

【参照ページ】
DHL EXPRESS AND WORLD ENERGY AGREE TO GLOBAL PARTNERSHIP TO SPEED UP AVIATION DECARBONIZATION VIA SUSTAINABLE AVIATION FUEL CERTIFICATES

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る