EniとAir Liquide、炭素回収ソリューションで難燃性産業に挑む

3月21日、イタリアのエネルギー企業Eni社と、ガス、テクノロジー、サービスの大手Air Liquide社は、炭素回収・集積・輸送ソリューションを応用し、欧州の地中海沿岸地域の難燃性産業の脱炭素化を目指す新たなパートナーシップを締結した。

炭素回収技術とは、大気中や産業設備からCO2を除去し、地中深くに貯留または鉱物化する技術である。炭素回収技術分野は、地球温暖化防止目標の達成に繋がっており、企業、政府、投資家にとって重要な投資対象として発展してきた。

Eni社とAir Liquide社は、同地域における分離困難な産業のクラスターを特定し、大規模な炭素回収・貯留プログラムを開発するために最適な構成を定義するために協力する。Air Liquide社は、産業施設から排出されるCO2を最大95%回収することができる独自技術「Cryocap」を用いたCO2削減ソリューションを開発し、Eni社は地中海にCO2を恒久的に貯留する場所を特定する。

【参照ページ】
(原文)Air Liquide and Eni to cooperate for the decarbonization of hard-to-abate industries in Europe
(日本語訳)エア・リキードとEniが協力して、ヨーロッパの衰退しにくい産業の脱炭素化に取り組む

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る