中国NIOキャピタル、脱炭素・デジタル化に特化したベンチャーファンドで486億円の資金調達を実施

3月20日、中国のEV会社NIOが立ち上げた投資会社NIO Capitalは、脱炭素・デジタル化に特化したベンチャーファンド「Eve ONE Fund II L.P.」を約486億円での最終クローズを発表した。

NIOは、本ファンドを、モビリティ、エネルギー、ロジスティクスなどの業界におけるデジタル化および脱炭素化の推進に焦点を当てた投資戦略を継続するために立ち上げた。NIO Capitalのチームは、中国のイノベーションと市場理解へのアクセスを活用し、ターゲット市場を再構築する次世代の革新的なテクノロジーとビジネスモデルの支援に注力する予定である。


同社は、本ファンドに対する強い需要を報告し、当初の目標ファンドサイズとハードキャップを上回るオーバーサブスクリプションとなり、2019年に最終クロージングを行った前身ファンド「NIO Capital EVE Fund L.P」の資本コミットメントのほぼ2倍となったことを明らかにした。

【参照ページ】
(参照記事)NIO Capital Closes Eve ONE Fund II at Around USD 400 Million
(日本語訳)NIOキャピタルがイブワンファンドIIを約4億米ドルで閉鎖

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る