スイス再保険、意欲的な気候変動目標を発表。石油・ガスもダイベストメント対象に

3月16日、スイス再保険は、投資ポートフォリオにおける炭素削減目標を2025年までに35%とする野心的な目標を発表した。また2021年初に発表した石炭のダイベストメントに、石油・ガスも対象として加える。

2030年(OECD)および2040年(その他の地域)までに、条約型再保険の新たな戦略として、火力石炭の完全廃止を推進するとともに、ネット・ゼロ・エコノミーへの移行を支援するための新たな施策を、資産運用・引受・自社事業を対象として拡大する。

具体的な計画としては、再生可能エネルギーおよび社会インフラへの投資を7億5千万米ドル(約913億円)に増加させ、さらに、グリーン、ソーシャル、サステナビリティボンドを2024年末までに40億ドル(約4,871億円)まで拡大する(2020年末の実績は26億ドル)。 またスイス再保険は、2030年までの自社事業排出量ゼロの達成にコミットしており、2020年以降の電力100%を再生可能エネルギー源から調達し、2021年のフライトの排出量を2018年比で30%削減するなど、排出量削減策に重点を置いている。

【参照ページ】
(原文)Swiss Re announces ambitious climate targets; accelerates race to net zero
(日本語訳)スイス再保険は野心的な気候目標を発表、ネットゼロまで加速

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る