NatureScot、森林回復のためプライベートバンクと提携

NatureScot、森林回復のためプライベートバンクと提携

3月1日、スコットランドの自然保護機関であるNatureScotは、スコットランド全土の原生林の景観規模の修復、新規雇用の創出、農村コミュニティの支援に20億ポンド(約3,246億円)を動員できる民間金融投資パイロットで提携した。

現在、NatureScotと金融機関との間で覚書が交わされている。この試みが成功すれば、景観規模の自然保護プロジェクトを通じて、排出量の削減と生物多様性の回復を目指し、自然資本への民間投資を喚起することができる。

本投資により、今後30年間で約18万5,000ヘクタールの原生林を創出し、2800万tのCO2を吸収することができる。

英国のプライベートバンクであるHampden & Co、Lombard Odier Investment Managers、グローバルな影響力を持つPalladiumとのパートナーシップは、野心と規模において「国内初」であり、自然資本投資による自然再生においてスコットランドを世界のリーダーとして位置づける重要なステップとなる。

スコットランド政府は、自然再生基金などを通じて自然への公共投資を大幅に増やしてきたが、自然と気候の双子の危機に取り組むためには、民間資金の大幅な増加も必要である。

最初のパイロットスキームは2023年春に開始される予定である。スコットランド南部の「ワイルドハート・ボーダーズ・フォレスト・トラスト」プロジェクトが中心となっている。NatureScotとSouth of Scotland Enterpriseが一部資金を提供した最初のスコーピング評価では、スコットランド南部の中心部に約3万ヘクタールの新しい原生林ができる可能性があり、2億(約324億円)から3億ポンド(約487億円)の民間投資と約600万トンの炭素隔離の可能性があることが判明した。 次の段階では、資金調達モデルをさらに発展させ、土地管理者やコミュニティと連携して、可能な限り多くの利益を得ることができるよう検討する。

本プロジェクトとすべてのプロジェクトは、2022年3月に発表されたスコットランド政府の「自然資本への責任ある投資のための中間原則」に照らし合わせ、地域コミュニティに具体的な利益をもたらすように設計されている。

チームは、土地管理者や地域のパートナーと緊密に連携し、炭素を固定する新しい生産性の高い森林への誠実で責任ある投資を実現する。この追加投資により、従来の森林プロジェクトでは不可能だった、コミュニティと自然に対する複数の恩恵をもたらす、質の高い設計が可能になる。 また、既存の土地利用の維持と自然回復のバランスを取ることができる。

本プロジェクトは、新しい、そして場所によっては生産性の高い森林を作ることに焦点を当てる。 生産された炭素クレジットは、英国企業のみに販売される。優先すべきは、投資の効果を定量化し、成功を追跡して測定することである。各プロジェクトの投資モデルは、ポートフォリオ投資手法の開発で世界的な専門知識を持つグローバル・インパクト・ファーム、パラディウム(Palladium)社によって調整される。

【参照ページ】
(原文)£2 billion private finance pilot potential ‘vital step in restoring Scotland’s woodlands’
(日本語参考訳)NatureScot、森林回復のためプライベートバンクと提携

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る