IKEA、バイオベースの接着剤を使用し、気候変動への影響を軽減

IKEA、バイオベースの接着剤を使用し、気候変動への影響を軽減

3月1日、IKEAは板材で使用する化石燃料由来接着剤を、植物由来のバイオ接着剤に転換することを発表した。IKEAは現在、バイオベースの代替品に切り替え、化石由来の糊の使用量を40%、糊による気候変動フットプリントを30%削減している。

化石由来の接着剤からバイオベースの接着剤への切り替えは段階的なアプローチで、30年度までにIKEAのサプライチェーンのほとんどのボード生産工場で、より低いカーボンフットプリントを実現する接着剤を使用することを目標としている。

リトアニアのKazlu Rudaでは、IKEA Industryの最初の工場として、トウモロコシ由来のテクニカルスターチ1 を使用した接着剤システムを大規模生産で使用している。これは、化石由来の糊に代わるものを見つけるための10年にわたる努力の結果である。並行して、他の接着剤システムについても複数の試験が行われている。

新たな接着剤ソリューションを見つけることは、パーティクルボード生産に関連する気候フットプリントをさらに削減するための主要なアプローチのひとつであり、再生可能エネルギーの消費量100%を目指すことでもある。この動きは、30年度までに再生可能な素材とリサイクル可能な素材のみを使用するというイケア全体の目標に合致している。

100%バイオベースの接着剤への移行を可能にするため、IKEAは最近、外部パートナーとともに新しい接着剤ソリューションを試験的に導入するアクセラレータープログラムを開始した。

【関連記事】IKEA、サプライヤーによる再エネ100%への転換を支援

【参照ページ】IKEA to use bio-based glue for reduced climate footprint

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る