H&M、オンライン古着再販ショップを開設

H&M、オンライン古着再販ショップを開設

3月14日、ファッション小売業のH&M U.S.は、中古衣料を扱う新しいブランドショップ「H&M Pre-Loved」を立ち上げ、同社が米国で初めて再販ビジネスモデルを確立したことを発表した。

本ジョイントベンチャーの立ち上げは、2013年にファッション企業として初めてグローバルな衣料品回収イニシアティブを確立し、投資部門であるH&M CO:LABを通じて繊維リサイクルを可能にする技術を開発する企業に投資するなど、H&Mグループがファッション循環性の向上に向けた一連の取り組みを行ってきたことを受けたものである。

先月、H&Mグループと廃棄物管理・リサイクル企業のRemondisは、ヨーロッパで使用済み・不要の衣服や繊維製品を回収・分別し、再販・リサイクルを可能にするインフラとソリューションの開発を目的としたジョイントベンチャー「Looper」を立ち上げた。

H&M Pre-Lovedの立ち上げを発表した声明の中で、同社は新ショップが “自社と顧客のために循環型ビジネスモデルを確立するというサステナビリティのミッション “を継続するものであると述べる。

再販型サービス(RaaS)」プラットフォームのthredUPを活用し、新しいオンラインショップ(hm.thredup.com)では、&Denim、Sport、Ladies、Divided、KidsなどH&Mコンセプトに沿った小さなショップと、過去のコラボレーションやゲストデザイナーのラインを集めた「コラボ」ショップで構成されている。

【参照ページ】
(参考記事)H&M U.S. LAUNCHES “H&M PRE-LOVED” POWERED BY THREDUP

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る