医療関係者協会、化石燃料の段階的廃止要請

11月1日、 医療関係者の国際団体であるGlobal Climate and Health AllianceとHealth Care Without Harmは、国連気候変動枠組条約第28回ドバイ締約国会議(COP28)のスルタン・アーメッド・アル=ジャベール議長に向けて、健康・医療の観点から、化石燃料の段階的な廃止を公正かつ公平に加速するよう求める合同書簡を提出した。

  1. 署名者:
    • 世界医師会、国際看護師協会、国際小児科学会、国境なき医師団、国際医学生連盟、アンデス保健機構など、多くの国際的医療機関が署名。
    • 日本からは、日本医療政策機構(HGPI)とGreen Practice Japanも賛同。
  2. 健康への影響:
    • 地域社会や医療従事者が既に気候変動の影響に直面しており、COP28が「健康COP」になるためには、化石燃料の段階的廃止が必要。
    • 化石燃料の燃焼による大気汚染が引き起こす健康被害に言及。
  3. 医療費の削減:
    • クリーンエネルギーへの転換により、大気汚染に関連する医療費が毎年数千億米ドル削減できる可能性。
  4. 信頼性の低いソリューションへの懸念:
    • 炭素回収・貯留(CCS)のような信頼性の低いソリューションへの懸念。
    • 各国政府が化石燃料産業に拠出している補助金の問題視。

これにより、気候変動の原因である化石燃料の段階的廃止が、健康面や経済的な側面から求められていることが浮き彫りとなった。

【参照ページ】
(原文)Dear COP 28 President-Designate Sultan Ahmed Al-Jaber,
(日本語参考訳)医療関係者協会、化石燃料の段階的廃止要請

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る