GSMAの新レポート:スマートフォン所有者が世界的多数派に

10月11日、GSMAが発表した年次報告書「モバイル・インターネット接続の現状2023(SOMIC)」によると、世界人口の半数以上(約43億人)がスマートフォンを所有している。

SOMIC 2023レポートでは初めて、モバイル・インターネット接続をデバイスのタイプ別に分類し、地域によって大きな違いがあることを明らかにした。現在インターネットを利用している46億人のうち、約40億人がスマートフォンを利用しており、これは世界人口の半分弱(49%)に相当する。一方、世界人口の8%にあたる6億人がフィーチャーフォンでインターネットにアクセスしている。

4Gおよび5Gネットワークの世界的な拡大により、モバイル・ブロードバンドにアクセスするスマートフォン所有者の3分の2以上(69%)が4G対応デバイスを使用しており、17%が5G対応デバイスを使用している。一方、サハラ以南のアフリカでインターネットにアクセスするために使用されているスマートフォンの69%、中東・北アフリカでは33%が依然として3Gにしか対応していない。これは、中低所得国(LMICs)の数百万人のユーザーにとって2Gおよび3Gネットワークが重要なカバレッジ・ソースであり続けていることを意味している。

インターネット接続ができない人口は、2021年の世界人口の40%から2022年には38%(30億人に相当)へとわずかに減少したが、依然として大きい。このうち、モバイル・ブロードバンドが利用できない地域に住んでいる人はわずか5%で、利用できる環境があるにも関わらず利用できないというギャップがある。

地域ごとの利用率の差も大きい。サハラ以南のアフリカと南アジアは、最もインターネット接続の格差が大きい地域であり、利用率の差はそれぞれ59%と52%である。LMICsでは、農村部の成人がモバイル・インターネットを利用する割合は、都市部の成人に比べて依然として29%低く、女性のモバイル・インターネット利用率は男性に比べて19%低い。

インターネットが利用できない理由の3分の2は携帯電話を持っていないことであり、携帯電話を購入できる価格などの問題に取り組むことの重要性が浮き彫りになった。しかし、スマートフォンを所有していても、デジタル・スキルやリテラシー、安全性やセキュリティへの懸念、イネーブラーやサービスへのアクセス、現地語での関連コンテンツの利用可能性などの障壁により、利用できない人が多い。残り3分の1は、スマートフォンやフィーチャーフォンを所有または利用できるものの、音声通話やSMSのような基本的なサービスしか利用していないユーザーで構成されている。

【参照ページ】
(原文)SMARTPHONE OWNERS ARE NOW THE GLOBAL MAJORITY, NEW GSMA REPORT REVEALS
(日本語参考訳)GSMAの新レポート:スマートフォン所有者が世界的多数派に

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る