TPG Rise Climate、KKRから持続可能なガス管理会社A-Gasの株式の過半数を取得

TPG Rise Climate、KKRから持続可能なガス管理会社A-Gasの株式の過半数を取得

8月17日、冷媒ガスの供給とライフサイクル管理を提供するA-Gasは、TPGのグローバル・インパクト投資プラットフォームであるTPG Riseの70億ドル(約1兆円)の気候変動投資戦略であるTPG Rise Climateが、過半数のオーナーであるKKRを含む投資家から同社の株式の過半数を取得したことを発表した。

エアコン、冷蔵庫、冷凍庫などの製品に使用される冷媒は、CO2の2,000倍もの温室効果ガスを含むことがある。冷媒からの排出を削減するソリューションは、企業が気候への影響に対処するために、HVACおよび冷凍業界でますます注目されるようになっている。

1993年に英国で設立されたGas-Aは、大気中への冷媒ガスの放出を防止し、ガスを回収、再生、再利用または破壊するための再利用プロセスを提供している。同社は、冷媒ガスのオンサイト急速回収、レガシーガスの安全な破壊、炭素クレジットの生成など、垂直市場にも事業を拡大している。

KKRは2017年にA-Gasの株式の過半数を取得した。買収以来、A-Gasはカナダ、ドイツ、オランダ、イタリアなどの市場への参入や米国でのプレゼンスの大幅な向上を通じてグローバルなプレゼンスを拡大し、年平均14%の収益成長を達成している。

KKRは、A-Gasの重要な少数株主として残り、TPG Rise ClimateおよびA-Gasのリーダーシップ・チームと協力していくとしている。

【参照ページ】
(原文)TPG Rise Climate Forms Strategic Partnership with KKR as New Majority Shareholder in A-Gas
(日本語参考訳)TPG Rise Climate、KKRから持続可能なガス管理会社A-Gasの株式の過半数を取得

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る