旭化成、環境に優しい高純度カーボネート製造技術の第1号のライセンス契約を締結

旭化成、高純度カーボネート製造技術の第1号のライセンス契約を締結

旭化成株式会社は7月1日、スマートフォンや電気自動車で使用されるリチウムイオン電池(LIB)の電解液の主要原料であり、世界中で需要が高まっている高純度エチレンカーボネート(EC) および高純度ジメチルカーボネート(DMC) の製造技術のパッケージが完成し、第1号のライセンス契約を締結したと発表した。

昨今電気自動車(EV)への世界的なシフトが見込まれ、それに伴いLIBのさらなる需要拡大が予想されている一方で、地球温暖化対策の観点から、LIBの主要構成要素にも環境に配慮した設計が求められている。旭化成は、本技術により環境に優しいLIB用電解液の供給が可能になり、サステナブルな社会の実現に貢献すると考えている。

今後は高純度EC3.8tと高純度DMC7万tの製造技術パッケージを、ライセンス権当該国での非排他的製造権及び非排他的販売権利として海外大手化学メーカーに供与する。

【参照ページ】旭化成、CO2を主原料とする高純度カーボネート類製造技術の第1号のライセンス契約を締結

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る