SLB、アーカー・カーボン・キャプチャーの株式の過半数を約580億円で取得

3月27日、エネルギー・サービスおよびテクノロジー企業のSLBは、炭素回収技術企業のアーカー・カーボン・キャプチャー(ACC)の株式の過半数を3億8000万ドル(約580億円)で取得し、新たな炭素回収合弁会社を設立することで合意したと発表した。

2020年にエネルギー・サービス会社のアーカー・ソリューションズから独立したノルウェーを拠点とするアーカー・カーボン・キャプチャー(ACC)は、産業プラントからのCO2排出を削減・除去する独自の炭素回収技術を提供しており、既存または新設の施設に適用することができる。同社のソリューションは、水と有機アミンの混合溶媒を使用してCO2を吸収するもので、ガス、石炭、セメント、製油所、バイオ・廃棄物発電、水素など幅広い分野に適用できる。

国際エネルギー機関(IEA)は、2030年までに世界の脱炭素化計画をサポートするために年間1ギガトン以上、2050年までに6ギガトン以上のCO2が必要になると予測している。

新しい契約では、SLBが合弁会社の80%を所有し、ACCが残りの20%を所有する。また、SLBは自社の炭素回収事業も合弁会社に出資する。SLBはまた、今後3年間で13億6,000万ノルウェークローネ(約190億円)を上限とする業績ベースの追加支払いを行う可能性がある。

技術ポートフォリオ、能力、プロジェクト・デリバリー・プラットフォームが統合されることで、破壊的な初期段階の技術を加速化し、より迅速かつ経済的に市場に投入することが可能になる。

【参照ページ】
(原文)SLB Announces Agreement to Acquire Majority Ownership in Aker Carbon Capture
(日本語参考訳)SLB、アーカー・カーボン・キャプチャーの過半数株式を取得する契約を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る