PSI、生命保険・医療保険業界向けのESGガイド策定に向けパブリックコメントの募集開始

PSI、生命保険・医療保険業界向けのESGガイド策定に向けパブリックコメントの募集開始

4月26日、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)の国連持続可能な保険原則(PSI)は、 世界の生命保険・医療保険業界向けの初の ESG ガイド策定に向け、外部のステークホルダーから意見を収集するためにパブリックコメントの募集を開始した。

本ガイド策定の目的は、以下の4つである。

  • 保険業界関係者が、生命保険・医療保険事業におけるESGリスクの引受リスクへの潜在的な影響を、個人及びグループ事業の観点から評価するアプローチを開発する際の推奨ガイダンスを提供するめ。
  • 生命保険・医療保険事業の引受リスクに対する特定のESGリスクの潜在的な重要性を強調し、そのようなリスクを軽減するための検討例を提供するため。
  • 社会全体のステークホルダー(NGO、投資家、政府など)のESGリスクに対する懸念の高まりに対応し、保険事業の特殊性を明確にするため。
  • 保険業界が世界経済や社会で果たす貴重な役割を示し、個人のための集団補償を可能にすることで持続可能な開発への貢献度を高めるため。

パブリックコメントは、2022年5月6日まで募集する。

【参照ページ】
(原文)PUBLIC CONSULTATION ON ESG RISKS FOR LIFE AND HEALTH INSURANCE GUIDE
(日本語訳)PSI、生命保険・医療保険業界向けのESGガイド策定に向けパブリックコメントの募集開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る