Partners Capital、環境影響型プライベート・エクイティ・ファンド設立のため約200億円を調達

7月6日、投資サービスプロバイダーのPartners Capitalは、初の環境影響型プライベート・エクイティ・ファンドであるPartners Capital 15度ファンド(LP)を組成し、顧客から1億4,300万ドル(約200億円)のコミットメントを集めた。

本ファンドは、炭素排出量ゼロへの世界的なエネルギー転換に最も重要な技術革新と事業に焦点を当てたプライベート・エクイティの機会に投資する予定だ。

本プライベート・エクイティ投資パートナーシップは、再生可能エネルギー発電・貯蔵、輸送・移動、産業プロセス・管理、食品・農業、スマートビルディング、水・廃棄物・プラスチック・リサイクルなどの環境持続可能性の分野やテーマに、専門ファンドマネージャーや直接共同投資を通して投資する。

【参照ページ】
(原文)Partners Capital Closes its Inaugural Environmental Impact Private Equity Fund at $143 million
(日本語訳)Partners Capital、環境影響型プライベート・エクイティ・ファンド設立のため1億4,300万ドルを調達

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る