Partners Capital、環境影響型プライベート・エクイティ・ファンド設立のため約200億円を調達

7月6日、投資サービスプロバイダーのPartners Capitalは、初の環境影響型プライベート・エクイティ・ファンドであるPartners Capital 15度ファンド(LP)を組成し、顧客から1億4,300万ドル(約200億円)のコミットメントを集めた。

本ファンドは、炭素排出量ゼロへの世界的なエネルギー転換に最も重要な技術革新と事業に焦点を当てたプライベート・エクイティの機会に投資する予定だ。

本プライベート・エクイティ投資パートナーシップは、再生可能エネルギー発電・貯蔵、輸送・移動、産業プロセス・管理、食品・農業、スマートビルディング、水・廃棄物・プラスチック・リサイクルなどの環境持続可能性の分野やテーマに、専門ファンドマネージャーや直接共同投資を通して投資する。

【参照ページ】
(原文)Partners Capital Closes its Inaugural Environmental Impact Private Equity Fund at $143 million
(日本語訳)Partners Capital、環境影響型プライベート・エクイティ・ファンド設立のため1億4,300万ドルを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る