エネルギー大手Shell、欧州最大規模の再生可能エネルギーによる水素製造プラントを建設へ

7月6日、エネルギー大手であるShellは、欧州最大の再生可能エネルギーによる水素プラント「ホランド・ハイドロジェンI」の建設を進めるための最終投資決定を行ったと発表した。

2025年の操業開始を予定しているこのプラントでは、産業および運輸部門で使用される1日最大6万キログラムの再生可能水素を製造する予定だ。今年初め、Shellはthyssenkrupp Uhde Chlorine Engineersと、ロッテルダム港に同プラントの200MW電気分解機を建設することで合意していた。

【関連記事】thyssenkrupp、オランダのグリーン水素ハブ向けに200MWの電解プラントをシェルに供給

水素は、クリーンなエネルギーへの移行において重要な構成要素のひとつと考えられており、特に風力や太陽光などの再生可能エネルギーによる解決策が現実的ではない、排出量の削減が困難なセクターにとって重要な役割を担っている。

しかし、宇宙で最も豊富な元素であるにもかかわらず、地球上に純粋な水素は存在せず、他の物質から水素を取り出す必要がある。抽出プロセスでは、しばしば汚染物質や温室効果ガスが排出される。そのため、再生可能エネルギーによる電解プロセスを用いて水から水素を抽出するなど、クリーンな抽出プロセスを開発するためには、多大な投資が必要だ。

Shellは、今回の新プラントにおいて、洋上風力発電所「ホランドセ・カスト・ノード」で発電された電力を利用して水素を製造することを目指している。

【参照ページ】
(原文)Shell to start building Europe’s largest renewable hydrogen plant
(日本語訳)Shell、欧州最大規模の再生可能エネルギーによる水素製造プラントを建設へ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る