thyssenkrupp、オランダのグリーン水素ハブ向けに200MWの電解プラントをシェルに供給

thyssenkrupp、オランダのグリーン水素ハブ向けに200MWの電解プラントをシェルに供給

産業・技術コングロマリットであるthyssenkruppとIndustrie De Noraの合弁会社であるティッセンクルップ・ウーデ・クロリン・エンジニアズは、オランダで行われるシェルのグリーン水素プロジェクト「Hydrogen Holland I」のために、200MWの電解プラントを設計・建設する契約を発表した。

シェルは現在、ロッテルダム港に大規模な水素ハブを開発する計画を進めている。「Hydrogen Holland I」プロジェクトでは、オランダ沖約18.5kmで開発中の洋上風力発電「Hollandse Kust」から電力を得て、産業および運輸部門向けのグリーン水素を生産する。

このプラントは、ネット・ゼロを優先し、可能な限り再利用可能な建設資材を使用し、プラントの外壁にはソーラーパネルを設置する予定だ。

水素は、よりクリーンなエネルギーへの移行のための重要な構成要素の一つと考えられている。特に、風力や太陽光などの再生可能エネルギーによる解決策が現実的ではない、排出量の削減が困難な分野では、水素が重要な役割を果たす。

thyssenkrupp社によると、2025年までに、世界のGDPの80%以上を占める国々が、専用の水素戦略を持って水素経済に参入すると予想されている。オランダは、将来のクリーン燃料としてグリーン水素の開発を積極的に推進しており、国家気候協定に基づき、2025年までに50万kW、2030年までに300万~400万kWの電解設備容量を達成することを目標としている。

電気分解機の最初の建設作業は2022年春に開始される見込みで、シェルは2022年にこのプロジェクトの建設を最終決定し、2024年に生産を開始する予定だ。

【参照ページ】
(原文)thyssenkrupp to install 200 MW green hydrogen facility for Shell in port of Rotterdam
(日本語訳)Thyssenkrupp、オランダのグリーン水素ハブ向けに200MWの電解プラントをシェルに供給

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る