英国規制当局、グリーン・クレームをめぐりユニリーバへの調査を開始

英国規制当局、グリーン・クレームをめぐりユニリーバへの調査を開始

12月12日、英国の競争市場庁(CMA)は、世界的な消費者ブランド大手であるユニリーバに対し、同社が一部の製品の環境属性を誇張している可能性があるという「懸念される様々な慣行」が最初の調査で明らかになったことを受け、同社のグリーン・クレームを調査するための調査を正式に開始したと発表した。

ユニリーバの広報担当者が発表した声明の中で、同社はこの発表に「驚き、失望した」と述べ、同社の主張が “いかなる形であれ誤解を招くものである “と反論したと付け加えた。

CMAは、今回の調査は、製品やサービスのマーケティングにおける持続可能性の主張に消費者が惑わされていないかどうかを調査する、より広範なグリーンウォッシング調査の一環であると述べた。

CMAは、動きの速い消費財(FMCG)セクターの企業を対象とした初期審査で「懸念されるさまざまな慣行が明らかになった」と述べたのに続き、規制当局はユニリーバに対する調査を開始すると発表した、 製品がいかに「自然」であるかを誇張する可能性のある成分に関する主張、製品全体が環境に優しいことを示唆する可能性のある製品の一側面に関する主張、製品全体に関するものなのか、部分的なものなのか、包装に関するものなのかを特定しない製品のリサイクル性に関する主張などである。

規制当局はまた、ユニリーバが使用している「色やイメージ」について、「一部の製品が実際よりも環境に優しいという全体的な印象を与える可能性がある」と述べた。

FMCGセクターの見直しを発表して以来、CMAは、サプライヤーがグリーン・クレームを変更したり削除したりするなど、FMCGセクターに改善の兆しが見られると述べた。しかし、「様々な懸念が確認された」として、規制当局は「新たな調査が行われる可能性がある」と述べた。

【参照ページ】
(原文)Unilever’s ‘green’ claims come under CMA microscope
(日本語参考訳)英国規制当局、グリーン・クレームをめぐりユニリーバへの調査を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る