テスラ、S&P500 ESGインデックスから削除

5月18日、テスラは低炭素戦略の欠如や、人種差別、労働条件、安全関連のガバナンスなどの懸念に起因するリスクによってESGスコアが低くなったため、ベンチマークの年次リバランスでS&P500 ESGインデックスから除外された。テスラは2021年12月にS&P500に加わっており、昨年のリバランスの際にインデックスに加わっていた。

S&P Dow Jones Indices(S&P DJI)の卓越したS&P 500 ESGインデックスは、広範な市場キャップ加重型のインデックスで、ユビキタスS&P 500インデックスと同様の業界グループ全体のウェイトを維持しながら、サステナビリティ基準を満たす有価証券のパフォーマンスを測定するよう設計されている。インデックスの構成銘柄は、年次の企業持続性評価(CSA)から導かれるS&P DJI ESGスコアを用いて選定される。また、論争の的になっている兵器や石炭採掘などの特定の事業活動への関与や、国連グローバル・コンパクト(UNGC)の原則に賛同していない企業については、スクリーニングや除外を適用している。

本インデックスは毎年4月の最終営業日終了後にリバランスされるが、今年のリバランスでは、ホーム・デポ、アクセンチュア、シェブロン、デルタ航空、テスラなど、有名企業がインデックスから除外された。

【参照ページ】
(参考記事)Tesla Loses Spot on S&P ESG Index Due to Concerns Over Crashes, Working Conditions
(日本語訳)テスラ、S&P500 ESGインデックスから削除

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る