テスラ、S&P500 ESGインデックスから削除

5月18日、テスラは低炭素戦略の欠如や、人種差別、労働条件、安全関連のガバナンスなどの懸念に起因するリスクによってESGスコアが低くなったため、ベンチマークの年次リバランスでS&P500 ESGインデックスから除外された。テスラは2021年12月にS&P500に加わっており、昨年のリバランスの際にインデックスに加わっていた。

S&P Dow Jones Indices(S&P DJI)の卓越したS&P 500 ESGインデックスは、広範な市場キャップ加重型のインデックスで、ユビキタスS&P 500インデックスと同様の業界グループ全体のウェイトを維持しながら、サステナビリティ基準を満たす有価証券のパフォーマンスを測定するよう設計されている。インデックスの構成銘柄は、年次の企業持続性評価(CSA)から導かれるS&P DJI ESGスコアを用いて選定される。また、論争の的になっている兵器や石炭採掘などの特定の事業活動への関与や、国連グローバル・コンパクト(UNGC)の原則に賛同していない企業については、スクリーニングや除外を適用している。

本インデックスは毎年4月の最終営業日終了後にリバランスされるが、今年のリバランスでは、ホーム・デポ、アクセンチュア、シェブロン、デルタ航空、テスラなど、有名企業がインデックスから除外された。

【参照ページ】
(参考記事)Tesla Loses Spot on S&P ESG Index Due to Concerns Over Crashes, Working Conditions
(日本語訳)テスラ、S&P500 ESGインデックスから削除

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る