Societe Generale、法人顧客向けに短期サステナブルファイナンスソリューションを発表

Societe Generale、法人顧客向けに短期サステナブルファイナンスソリューションを発表

6月8日、欧州金融サービスグループであるSociete Generale(ソシエテジェネラル)の短期流動性ファイナンス事業であるソシエテジェネラルファクタリングは、企業の顧客向けにESGに焦点を当てた新しいソリューションの提供開始を発表した。新しいESGの提案は、債権ファイナンス、サプライチェーンファイナンス、フォーフェイティングなど、当社の主要なファクタリング商品に適用される。

新しいサステナブルファイナンスサービスは、環境・社会的融資とサステナビリティ・リンク・ソリューションの2つのカテゴリーに分類される。前者では、一連の環境および社会カテゴリーに基づき、ポジティブな影響を生み出す活動に対して融資を行う。対象となる環境カテゴリには、再生可能エネルギー、廃棄物管理、クリーンな輸送、水素、持続可能な水・廃水管理などがある。社会カテゴリーには、教育やトレーニング、社会住宅などが含まれる。

サステナビリティ・リンク・ソリューションは、サステナブルファイナンスの一形態として人気が高まっており、通常、特定のESGプロジェクトに対する融資ではなく、企業の持続可能性目標に融資条件を結びつけるものだ。ソシエテジェネラル ファクタリングの新しいサステナビリティ・リンク・オファーは、企業の社会的責任(CSR)戦略を意欲的に策定している企業を対象としており、CSR目標の達成度に応じて報酬を提供する。

ソシエテジェネラルによると、サステナビリティ・リンク型は、多くのサプライヤーを抱える大企業のサプライチェーンファイナンスプログラムに特に適しており、企業とそのサプライヤーがより持続可能な成長モデルへ移行することを促進する。

【参照ページ】
(原文)SOCIETE GENERALE FACTORING LAUNCHES A RANGE OF SOLUTIONS RELATED TO ENVIRONMENTAL AND SOCIAL CRITERIA
(日本語訳)ソシエテ ジェネラル ファクタリング、環境および社会的基準に関するさまざまなソリューションを開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る