UnitedHealth、人種・民族的に多様な医療従事者の育成に約130億円を拠出

UnitedHealth、人種・民族的に多様な医療従事者の育成に約130億円を拠出

6月8日、医療提供・福利厚生大手ユナイテッドヘルス・グループの慈善事業部門であるユナイテッドヘルス財団は、健康の公平性を高め、人種・民族的に多様な医療従事者の育成を支援するために1億ドル(約130億円)の拠出を発表した。

全米科学財団によると、黒人、ヒスパニック、ネイティブ・アメリカンは、生物学・生物医学・生命科学分野の雇用労働者のわずか7.1%を占めているに過ぎない。この新しい10年間のコミットメントは、同財団にとってこれまでで最大のもので、10,000人の不特定多数の人々が将来臨床医となり、医学、看護、助産、精神衛生などの分野で学位やその他の専門資格を取得できるよう、医療従事者のスキルアップを支援する奨学金を提供する予定である。

【参照ページ】
(原文)The United Health Foundation Commits $100 Million to Further Advance a Diverse Health Workforce
(日本語訳)ユナイテッド・ヘルス・ファウンデーション、多様な医療従事者のさらなる育成に約130億ドルを拠出

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る